土地・所有者の方へ

「サービス付き高齢者向け住宅」とは、主として高齢者が入居する賃貸住宅です。
今までの高齢者は、賃貸住宅への入居を断られる場合が多く、社会的問題となっていました。
そこで、高齢者だからという理由で入居を断れない住宅の登録制度が始まり、さらにバリアフリーなどの障害に考慮した設計で、介護が必要になったときに外部からサービスを受けられる集合住宅のことを「サービス付き高齢者向け住宅」と呼ぶようになりました。


当社では、介護が少し必要な高齢者の方を入居対象としているため、地域で介護実績のある、有力な介護事業者様に高齢者専用のサービス提供をお願いしております。

当社の高齢者専用の賃貸は、各個室と食堂・談話スペースや浴室、そして介護事業所の事務所とデイサービスで構成されています。
もちろん全館バリアフリーで、緊急時の通報システムを備えています。
高齢になると、皆さん少し介護が必要になります。
当社のサービス付き高齢者向け住宅では、介護事業所のヘルパーステーションがあり、介護が必要な方には各々契約してもらって、介護度に応じてヘルパーの方が在宅訪問という形で生活支援をするようになっています。

 

 


 

 

 

一括借り上げで安定した家賃収入

■建築コスト

・木造1階建ての小規模施設だから小額投資

・一般的なアパート、マンションよりも有利な利回り

 

■高い入居率

・介護サービス付き生活サポート施設が不足しているため、満室になりやすい。

・家賃、管理費で83,000円~のリーズナブルな料金設定

 

■地元の介護・医療機関と提携

・オーナー様は建てるだけ。

・入居される方の募集、運営は当社にて行います。

 

 

収益性

専門知識も煩雑な手間もほとんど必要とせず、月々定額の収入が見込める事業です。

緻密な計画のもとに建てられた高齢者専用の賃貸は、長期にわたって安定したご入居者を確保できます。
月々の現金収入は豊かな老後を過ごすための私的年金としても魅力です。
また「高齢者専用の賃貸経営」は建てて貸すため、農業や小売業のように経営のための専門知識をそれほど必要とせず、信頼できる介護運営会社との契約方式です。

 

利用の高い介護住宅として活用されることで土地の資産価値が高まります。

経済の国際化がすすむ今日、不動産の価格評価の方法にも国際基準が定着しはじめています。これまでの不動産価格の評価は、周辺の不動産の取引事例を参考にして価格を評価する「取引事例比較法」が一般的でした。「あそこの不動産がこれくらいで売れたのだから、この不動産はこれくらい」というように価格を決めていました。
近年では、その不動産から生み出される収益を基準に考える「収益還元法」が不動産の評価基準になってきています。更地や古い家が建っている土地をそのままにしておかず、人気の高い高品質の介護住宅として運営することが、土地の資産価値をより高めることにつながります。